車でよく走ってた峠をバイクで走らせることで、少しずつバイクでの走りに体をならしていっている。

鳴門スカイラインはコーナー自体の数は少なく、速度が出やすい。今日は風が強かったため、ネイキッドには体力的にツライ。80kmを超えたあたりでボボボボボと風の圧力を受け、ヘタすると車体ごと持っていかれそうになる。
どうも楽しく走れないので、早々に去った。

こんどは家の近所にある山の峠道を走らせてみた。
P1000039.jpg

勾配がきつく、コーナーもキツイのでなれるまでは来ないようにしようと思っていたが、そろそろ大丈夫じゃないかと思い、走行。
ここは路面が整備された自動車道コースと、主に歩行者の散歩コースとなっている落ち葉等が多く落ちて路面も舗装はされているがけっこう荒れているコースの2コースがある。
路面が整備された自動車道は、クネクネとコーナーの連続だが、とてもムリ!ってほどでは無く、ひとつ、ふたつ、とコーナーをぬけると・・・楽しい!
4輪でも好きなコースではあったが、バイクだとより楽しい。
バイクと4輪の一般道で走ったときの楽しさの違いは、その車体の大きさにもあると思う。もちろん、バイクとの一体になってバンクさせながらコーナリングをするのは4輪では味わえない人馬一体感があるのが大きな楽しさの違いのひとつではあるが、他にも4輪だとどうしても中央線を越えないようにルールを守って走れば左右に自由な幅が無く、狭苦しい感じなのだが、バイクだと一般道がどこでもサーキットのような広い道幅のように感じてしまう。だから若者はサーキットと勘違いして、道幅いっぱい使った危険な走行をしてしまうのかもしれない・・・。
さて、このコースでも散歩している歩行者がそこそこいるので速度は出すわけにいかないし、バイクでは初めて走る場所なので、かなりソロソロ運転ではあったけど、次から次へと右へ左へ間断なく続くコーナーは、それほど速度は出さないで自分のペースでコーナリングの練習をしたい私にはぴったりのコースだ。
上りも下りも4速ぐらいで走行。上りはけっこう余裕で楽しめるのだが、下りは慎重にエンブレを効かせながら走行。

峠で少しずつではあるがコーナリングの練習をしていて、最近思うのだが、「右コーナーが怖い」と感じている。
左だとけっこうそこそこバンク角度つけて曲がれるのに、右コーナーを同じ速度で曲がろうとすると「怖い」と感じてしまうため、進入時にかなり減速するようにしている。
実際、タイヤを見ても、左側はかなり端のほうまでめいいっぱい皮むきができているのに、右側は1cmぐらい全く使ってないところがある。これだけ右はバンクしてないってことだろうな。
手元のライテク本によると、左コーナーなら、いざというときは左足を出して支えれるから怖くなくて、右コーナーだと足を出して支えられないから怖がっている・・・というようなことを書いてた。これを読んだときは、別に右でも左でも自分は同じように曲がれてて怖いとは感じないけどなぁ・・・等と考えていたが、それは怖いと感じるほどの領域に達していなかったということだろう。ということは、「怖い」と感じ始めるぐらい危険な位置まで来たという事で、これからはもっと自己管理しながら走るようにしなければいけないかもしれない。

2,3周して、今度はあまり整備の行き届いていない主に歩行者が散歩コースとしているコースから山を下ってみた。
かなりの下り急勾配のUターンからスタート。先ほどの整備さたコースよりも距離も長いことは4輪で走ってよく知っているので、「大丈夫かな・・・(汗」とかなり不安を感じたが、とりあえず慎重に行って見ることにした。
路面は落ち葉も多く、道の端には土が載っているところもある。コーナーはかなりきついコーナーの連続で、しかもガードレールも無い(汗
道幅は軽自動車なら辛うじて対向できる程度の幅はあるのが救いだ。
落ち葉の落ちている見えない路面は避けて、かなりエンブレをかけ、時速30~40kmぐらいで走行して無事に完走(汗

まだまだ、緊張してしまうが、それでも、こういうコーナーの連続は楽しい。
景色はいいし、4輪みたいに道幅の狭い所で対向車が来て慌てることもないし、バイクでゆっくり走らせるなら、低速コーナーが好きな私にはいい練習場所だと思う。
ただ、ここは斜面も急勾配だし、ガードレールが無いところに滑ったりすると・・・ヘタすると・・・慎重にレベルアップしよう(汗

スポンサーサイト

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/27(日)16:37

1000km点検完了

土曜日の午前中に大型車2台と共にプチツーリングをしてから帰宅。
1000kmオーバーになったのでショップへ持ち込んで点検してもらった。
チェーンが若干緩んでいたのと、タイヤの空気圧が若干減ってたことぐらいで、他は特に問題なし。
一緒にオイルとエレメント交換もしてもらった。
チェーンの緩みとオイル交換したおかげか、ギアの入りが良くなったようだ。
これでまた走りこみできるぞ。

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/27(日)15:38

フレームスライダー

まえから注文していたフレームスライダーを取り付けた。
最初取り付けてもらった時の印象は、「けっこう目立つかなぁ・・・」だったけど、まぁ、なれるでしょう・・・;
P1000031.jpg

P1000032.jpg

P1000033.jpg

これで安心して?練習できる?かな?(^^;

今日も朝からお気に入りのコースを単独ツーリング。
しかし、今日の峠は「とんぼ」が多い!
走ってると体中にコツンコツン当たるし、ジャケットの胸元を開いてると飛び込んできたりして気持ち悪いので慌てて停車してジャケットをバサバサやったり。
風も強くて落ち着いて峠は走れない。
しかも雨が降ってきたりするし(T-T)
雨はすぐに止んだので、数往復。

人気の無いちょっとした広場をみつけたので、低速走行の練習として、イン側の片足を伸ばして低速旋回の練習をしていた。
最初から無理はできないので車体を立てた状態でフルロックで、できるだけ小さく定常円旋回。
まぁ、これだけできれば普通にUターンぐらいは余裕だろう。
そのうちジムカーナもやってみたいなぁ・・・とは思うけど、まだまだ先のことだな。そんな腕もないってのもあるけど、今はバイクを大事にしたいし(^^;

強風と「とんぼ」の攻撃に疲れたので後は海岸沿いを往復して帰宅。
P1000034.jpg


本日で総走行距離940km。
取扱説明書には
~800kmまでは4000rpmまで。
~1600kmでは6000rpmまで。
と記載されてたので、800kmを超えてから、さっそく6000rpmまで回してみた。
・・・予想を超えて6速だと時速100kmぐらいでるね。
けっこう4000~6000rpmで伸びるみたい。
このへんがトルクゾーンなのかな?
もうこれならどこでもツーリングできそうだ。

たぶん来週は1000km点検だな。

そういえば、フレームスラーダーを付けたときに、エンジンから「ガラガラ」音が鳴っていたのを気にしてショップに聞いてみたところ、チェーンの音らしい。何の音だろう?と思っていたが、異常が無いってことで安心した。

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/20(日)19:11

Zephyrχの気に入っているところ

夏期休暇も終わる。
そこでZephyrχについて感じた事をちょっとまとめてみる。

カッコがいい。
これは購入する前からカタログ等で見て気に入ったから決めたということもある。空冷エンジンらしいエンジンの外観が美しい。メタリックオーションブルーにシルバーラインというのも思ってた以上に美しくカッコいい。

足つきが良い。
教習所のCB400SFよりも足がつきやすい気がする。我ながら足の長いほうでは無いのでCBだとけっこうつま先立ちだったのだが、Zephyrχだとべったり足をつけることができる。

安定感が高くバランスがとりやすい。
CBよりも重心が低いような気がする。このためかちょっとふらついて危うく立ちゴケしそうになっても軽く踏ん張ることができる。重心は高いほうが倒しこみがしやすいようなのでこれは鋭くコーナリングすることを考えると良くないのかもしれないが、私みたいな超初心者だとこの安定感の高さが、ライダーのちょとしたミスなんかをフォローしてくれているようにも思う。ハンドルの切角はCBよりも曲がらなく、小回りがしにくいかもと思ったが、実際にフルロックしてUターンなんかしてみると必要十分に小回りしてくれるし、ふらつきにくく、車体は重いはずなのに軽く操作できる。

音がいい。
教習所のCBは低速走行時に「ビュロロロロ~・・・」ってなんか水を吹いてるような感じの音がするんだけど、これって最近になって見かけたZRXも同じような音がしてたから水冷400ccだと同じなのかな?と思っているが、これに比べて、空冷のZephyrχは「ブロロロロ~・・・」てな感じで実にメカメカしい。単純で心地よい音だと感じる。うっかりシフトミスして高回転になったときなんかは「ウォォォォーン!」て鋭い音が。「ならし」中だから高回転はまずいんだけど気持ちいいw またこれは空冷特有なのだろうか高いギアで走行時になんかは特に速度にあわせてエンジンから「ガラガラガラガラ・・・」とフィンが風を切っている音?がするのも味わいがあっていいと思う。マフラーはノーマルだと静かなもんだけどカッコもいいし、今のところ特に不満も無い、理想の走りのスタイル的に大きい音がするのは避けたいのでノーマルのままで十分だと思う。

と、気に入っているところはいっぱいある。
不満なところはコレといって無い。
あえて言えばシート下に収納スペースがほとんど無いことぐらいだろうか。でも車検証なんかの書類程度は工具がの上に乗せておくような感じ入るし、ちょっと買い物をして荷物ができたときなんかはゴムネットでリアシートに固定すれば済むことなので全く問題にしていない。
あとはCB400とか今時の最新バイクには付いてたりする時計が無いので走ってると時間がわからないということかな。まぁこれも腕時計でもすれば済むことではある。

そんなわけでもう今はとにかくバイクのある生活が楽しくて仕方が無いw
買って大満足のバイクだ。

夕暮れ時、用を済ませて帰宅後、まだそれほど汚れも無くピカピカではあるが、先日の雨や路上から拾ったホコリなんかでマフラー等が汚れていたのでピカピカに磨きなおした

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/15(火)20:54

練習5

今日はあまり走れる時間が無かったので、午前中に少しだけ近所を走らせただけで帰ってきた。

課題としてはシフトショックをださないスムーズなシフトUPシフトDOWN。
ライテク本に従ってクラッチ操作を人差し指と中指の二本だけでちょっと引く程度でシフトチェンジに挑戦してみた。やってみたところ、なるほど減速加速のショックをかなり少なくできるようになった。ブレーキ操作も指二本でやろうかと思ったがシフト操作と両方をやろうとするとギクシャクしてしまうので、自然な感じでシフト操作に慣れるまではブレーキは今までどおり4本操作で良しとしよう。

本日までで総走行距離700km。
Zephyrχの操作説明書に記載されている「ならし」のやり方は、
800kmまでは4000rpmまで。
1600kmまでは6000rpmまで。
で走行するように指定されている。
4000rpmだと時速70kmしか出ないけど、6000rpmならたぶん90kmぐらいはでるんじゃないだろうか。それなら一般道を走る分には余裕で流れにそって走ることができるので、また楽しくなりそうだ

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/15(火)18:53

練習4

海岸沿いを走るのが気持ちよかったので、今日も海を見に行ってきた。
そこそこコーナーもあったりして景色は良いし風は気持ちいいしで楽しい。
P1000025.jpg

峠も数往復。きちんと減速していればきちんと曲がれる自信がついてきたので感覚を確かめながら反復練習。昼頃になってから、今度は別の峠にも行ってみたが、なれない場所なだけにちょっと怖さもあったが、同じようにきちんと減速すれば無理なく曲がれることを再確認。
少しずつバンクさせて走ることに体をならしていっている。
注意している点は、上半身を脱力させること。セルフステアを効かせるようにニーグリップして重心を左右に倒すことで自然とバイクが曲がるように、ハンドルに力を入れてしまい、バイクが曲がるのを妨げないようにと意識しながら走行している。
まだまだ今はリーンウィズのみで他の乗り方は無理にやらないようにしているが、リーンウィズでもっとバンクさせて曲がれるようになればいろいろ試してみたい。

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/14(月)18:36

練習3

いい天気、風もほどよい程度で、走っていて気持ちが良い。
景色が良かったので海岸線にバイクを停めて潮風のにおいを感じながら撮影。
P1000023.jpg


しかし、一般道は阿波踊りが始まったこともあり渋滞渋滞・・・。
やはり「ならし」中で、4000rpm以上は回さないようにしているため、最高時速70kmと一般自動車が普通に走らせているのと同じぐらいか、ちょっと遅いぐらいだ。実際、中途半端に左よりに走行していると別に前の車に遅れて走行しているわけでも無いのに強引に並んでくる車がいるぐらい。徳島はマナーの悪さではワースト5以内に常にランキングされるというのも納得である。最も明らかに前方がクリアで後ろから来た車が速いときは、さっさと譲るようにしているが、前に車がいるときは無理に並ばれると危険なので中央を走行するようにしている。またそれも追突されないか危険性を感じるのだけど・・・。

さて、渋滞を抜けて峠へ到着してからは、ひたすら走りこみをした。
ひたすら行ったり来たりとUターンして、ひたすら峠を往復。ただ単純に往復してるだけじゃ進歩が無いので、いちおう課題としてはコーナーを安定して走れるようになること。速度もちょっとやばめのコーナーは40kmまで減速して進入することでリスクを避けるようにしている。最初の1本目2本目あたりは、この減速するとき、シフトDOWNも併用してやろうと思っていたが、ブレーキングに集中できずにコーナーの奥まで突っ込んでしまい、あわててリアタイヤをロックさせるという失敗もしてしまった。特にフロントブレーキをかけていると車体が起きてしまい、バンクできないので余計に曲がりにくくしてしまったようだ。・・・危なかった(汗汗
そんなわけで、シフト操作は後回しにして、今日は無理にシフトDOWNしないで、コーナー手前ではブレーキングに集中することにした。

最初はブレーキングしてシフトDOWNしてコーナー進入で4速40kmまで落として慎重に走っていたが、最終的には上りなら6速キープのままで50~60km、下りなら5速50kmぐらいでも余裕をもって走れるようになってきた。
今日の練習で上達できたと思う内容は、
・しっかりコーナー手前でブレーキングすること
・目線をコーナーの先へ先へ見るようにすれば曲がりやすくなったこと
・コーナーの先に目線を置く事で「昨日までと比べれば」かなり車体をバンクさせて走れるようになってきたこと
と、こんな感じだろうか。
逆に今後の課題となるのは、
・回転数を合わせてスムースなシフトDOWN
だろう。

とにかく今は走れば走るほど上達している感じがしているので楽しい

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/13(日)15:39

練習2

風になりたい。
P1000020.jpg

バイクに乗りたいと思い立ったきっかけの一つでもある。
空を流れる。
道路を流れる。
一陣の風となって自由に走りたい。

別に速く走りたいというわけではない。
風にようにヒューと流れるようにスムースに走りたい。

まずはスムースなシフトチェンジも必要だろう。
コーナリングなんかはまだまだ後回しだ。
スムースなシフトUPシフトDOWNができるようにしたい。
発進時の半クラ発進なんかは、かなりなれてきて、渋滞時なんかは、アクセルを煽らなくても半クラだけでゆっくり前進させて流れにそって走ることもできるようになってきた。それでもまだ自分が先頭になって信号待ちから発進するときなんかは、「早くいかなきゃ」みたいに焦ってしまってエンスト・・・なんてことも、まだ何回かやってしまうぐらい、まだまだおぼつかない操作なので、まだまだ練習が必要だ。
シフトUP、シフトDOWNでは、購入したライテク本を見たところ、クラッチは完全に握ってしまわなくても、半クラ状態でシフトUP、シフトDOWNしたほうがスムースに繋がるし、ショックが少ないので駆動系のメカにも良いと書かれていたので、このように練習中。たしかに半クラ程度で、ちょっと握るぐらいで十分シフト操作可能だ。しかも早いシフト操作ができるのでエンジンの回転が落ち込む前にシフトチェンジが完了して、うまく決まればスムースに挙動がギクシャクならずに操作できるようになった。

だいぶんなれてもきたので、ちょっと遠出してみようと思い。鳴門から香川へ向けての海岸沿いを走行してきた。冒頭の写真がそのときに撮影したものだ。メタッリックオーシャンブルーのZephyrχを買うことを決めてから、ぜひ走らせて見たかった風景でもある。
青い空、青い海、そしてメタッリクオーシャンブルーのZephyrχだ。
自分の走らせているところを自分でみることはできないけど、なかなかカッコいいのではないだろうかと自画自賛、ナルシス全開ではある(笑

ついでなので初めて峠なんかも走ってみた。
ランエボではそこそこ走りなれた場所なのだが、バイクだとまたぜんぜん勝手が違う感じだ。まだ「ならし」中ということもあり、4000rpm以上はエンジンを回さないのでちょうど自分へのリミッターが効いて安全に走行できる。実際、まだうまくバンクさせることができないので、一般道の交差点なんかでも、右へ曲がるときは大きく回れるのでいいのだが、左に曲がるときなんかだと、インベタで走れずに道をいっぱいいっぱい使って走ってしまうぐらいなので、峠なんかだと自分の未熟さを思い知らされる。ちょっとしたコーナーでも40km程度まで速度を落とさないと危なっかしい感じだ。へたにハンドルを切ってるときにブレーキするとずりっといってしまいかねないのは4輪でも同じなので、できるだけ直進状態でしっかり減速やろうとしているのだが、それでもブレーキングもぜんぜんしっかりできないのでへたに速度を出しているとコースアウトしそうになってしまう(汗
でも、楽しい!
ぜんぜん速く走れないし、ぜんぜんスムースにも走れてないのだが、スムースに走るための練習にも、ならし走行にも峠はちょうどいいかもしれない。

今日、バイクに乗るのは3日目。帰宅したところで走行距離は300kmになった。距離もそこそこ走ったので、2回目の給油をした。
走行距離195kmにて、7.6リットルで満タン給油。
リッターあたり25km以上になる。
レギュラーガソリンだし、ランエボに比べて財布にとても優しく楽しめるw

この調子だと夏期休暇中に「ならし」は終わるかもw

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/12(土)19:15

練習1

まずはバイクの基本操作になれること!
普通に乗れるようになることだ。

前回の納車時は徒歩でショップまで行った事もあり、Tシャツ姿で行って、帰りのバイクもTシャツ姿で運転して帰ってきたのだが、Tシャツ姿はたしかに涼しいのだが、怖い!「もしもコケたら・・・」と思うとぞっとする(汗
あと、汗をかくのでそのままで風に体をさらしてると体温を奪われるのでけっこう疲れやすいとも誰かに聞いたことがある。そんなわけで、まずは教習所のように長袖でということで、メッシュで薄手のジャンパーを着て、8時から1時間ほど近所をグルグルと2回ほど周回してみた。

ん~・・・あいかわらずクラッチ操作が雑だと我ながら思う。発進時ももっと半クラを使ってゆっくり発進すればいいのに、後ろに車がいたりすると「早く行かなきゃ」みたいな衝動にかられて焦ってしまう(汗
実際、2、3回ほどエンストしてしまったorz
あと、2回目の卒業検定でもやらかしたことだが、停止したときにきちんと1速まで落としていないで、2速や3速で発進してエンストみたいなこともやらかしてしまった(汗
まだまだ技能が身についていないようだ。
とにかく走りこみあるのみ!

しかし、普通のジャンパーでは風でバタついてミラーで後方確認がやりずらかったり、バタバタと風に煽られて抵抗を感じるので変に疲れてしまう。やはり、ライディングジャケットがほしいと感じたので、モトショップいずみへ行ってジャケットと、ちょっとした荷物を詰めるようにゴムネットを購入してきた。
この店はバイク用品店で初めて行ったのだが車の駐車場が少し離れた位置に2台スペースがあり、バイクだと荷物が多くなるとこまるので、車で行けるのは便利だった。当然ながら店内にはいろいろとバイク用品があり、あまり見ていると余計な出費をしてしまいそうなのでジャケットとネットだけ買って、早々に帰ってきたw
実際、シューズも買おうかと見ていたが今のランエボで使っていたドライビングシューズのままでもバイクの運転がしずらいってことも無いし、とりあえず「くるぶし」まで今のシューズも覆っているので転倒時の安全対策もまぁ大丈夫だろうということにした。
ジャケットはイエローコーンのものがデザイン的にも着心地も良かったのだが、背中にでかでかとロゴと十字マークが入っているのはちょっと派手な感じで恥ずかしいような気がしたので、もうちょっと地味目で他はelfの白のジャケットがカッコよかったがどうも内生地が汗を吸い取るようになっており、クーラーのかかった店内で着ても暑いと感じたのでやめた。結局購入したのは無難な黒めの色で単純に真っ黒じゃなく、ちょっとブルーっぽい色あいのデザインと、着心地がすごく最も涼しかったので購入することにした。

Buggy メッシュジャケット AR-532
IMG_0718.jpg


午後からはこのジャケットを着て走りこみを行った。
やはり思ったとおり、このジャケットは走っているときはすごく涼しい肩、肘、背中にプロテクターが入っていて「もしも」のときを考えても安心感があるし、さすがにライディング用のジャケットなのでバタつきも無く、財布や携帯等、ちょっとしたものは余計なウエストバック等をしなくてもよくなったので、運転が楽になった。
また同じコースをぐるぐると何周も周回して、3回ほど周回してようやくガックンガックンシフトチェンジじゃ無くて、だいぶんスムースなシフトチェンジができるようになってきた。暑い日なので途中、自販機で水分補給をしつつ走行していたが、16時頃になって疲れてきたので帰宅することにした・・・と、そんなとき雨が降り出してきた。曇り空で「ゴロゴロ」と鳴り、ポツポツと雨が次第に本格的に降り出してくる。教習所ではけっこう雨の日の教習も何回かあったので別に大丈夫だろうとは思っていたが、まだまだ新品状態のタイヤなので雨でもちゃんとグリップしてくれるのか不安だ。路面が雨で濡れて色が変わり始めたので速度を押さえ気味にして走行。雨の日はバイクだと路面上には危険がいっぱいだ。マンホールの蓋も滑りやすいし、路上に書かれた白線や文字なんかも滑りやすい。再三いろんな人からこれらのことは注意を受けていたので、慎重に走行。それでもやはりまだ真新しいくっきりと見える文字の上なんかはグリップが低下している感覚がする。「間違っても」コケたくは無いので慎重に走行。もっとも今はまだ「ならし」中のこともあり、4000rpmまでということを守っているので、6速でも70キロ程度しか出ないわけだが。レッドゾーンは12500rpmあたりになっているので全開で回したらどんななのか「ならし」が終わってからの楽しみだ。

そんな感じで、慎重に走行して、今日も無事に帰宅。
今の時期は夕立があるので15時ごろには帰るようにしたほうがいいのかもしれない。
だいぶんなれてきたし、明日はもうちょっと遠出してみようかな。

休憩中のZephyrχ
P1000016.jpg


そういえば、ヘルメットのArai PROFILEもさすがというところだろうか最新式のヘルメットのこともあり、この時期は辛そうなフルフェイスだが、意外と涼しい。冷・乾内装という内装も良く、ヘルメットを脱いだ後や再びかぶりなおすときに、べとつきを感じず、サラリとした肌触りで気持ちいい。デザインも最近の雑誌に良く載っているせいもあって新鮮なデザインでカッコイイと思う。色やデザインもメタリックオーシャンブルーのZephyrχとマッチしていい。かなり気に入ったヘルメットだ。

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/11(金)19:08

納車

免許更新が終わってから16時頃、バイクショップへZephyrχを取りに行って来た。
前に見たときは倉庫に保護シート等が巻きつけられた状態だったが、今日は準備万端、店内のすぐに置かれていた。
ピカピカのついに我愛車となるメタリックオーシャンブルーの輝きを見ると、自然とニヤニヤしてしまうw
任意保険の手続きを済ませて、車体の操作説明等を聞く。

基本的なハンドル周りのスイッチ類について。
シートの外し方。
ヘルメットフックの使い方。
ガソリンの入れ方。
フューエルタップの使い方。
ブレーキレバー、クラッチレバーの位置調整。
ブレキーレバー、クラッチレバーの角度調整。

日本車はそれほど気を使わなくてもいいそうだが、「ならし」をきちんとするなら、高回転を使わないように4000rpm程度までで500~1000km程度を走行したらオイル交換するようにすれば良いとのこと。あと、エンジンを回すだけではなくて、ギアのならしもあるので高速道路なんかで単純に距離を走らせるよりもワインディングなんかでギア全体をキッチリ確実に操作するようにしたほうが良いそうだ。タイヤもまだ剥けていないので滑るから注意したほうがいいとのことだった。

17時頃、ひととおりの説明を聞き終わり、店頭へ車体を移動。
ヘルメットをかぶり、エンジンをかける。
おっと、グローブを履くのを忘れてた(汗
グローブを履いて、不安そうな店長を横目に、いざ!帰路へと出発。
初めての路上走行だ(汗汗

まずは、店と道路との段差からびびりまくりw
そろそろと通過して信号待ち。

なんか、教習所のCBと比べてリアブレーキペダルがえらく深い感じがする。
効くには効くのだが、もうちょっと乗って気になるようなら連休前にショップへ相談してみることにしよう。

他のスクーターなんかはスルスルと4輪の前へと移動していくのだが、私は4輪の後ろに停車。車の横をすり抜けるのなんかまだ自信ないしw
とりあえず4輪の通行を妨げない程度に流れに沿って走行。
おばちゃんのスクーターなんかは平気で車の横をすり抜けていくw

どうも4速あたりでキッチリとギアを入れないとギア抜けをする。
シフトアップした後、ニュートラルにもなってないのに空吹かし状態となる。
ギアの「あたり」がついてないせいだろうか?またショップに聞いてみよう。

ガソリンスタンドに到着。
そして気づく。
このバイクって、レギュラーだっけ?ハイオクだっけ?
さっそくショップへ電話w
レギュラーでいいらしい。
(後で確認したら取扱説明書にも「使用燃料:無鉛レギュラガソリン」と記載されていた)
車みたいに自動的に給油が止まらないと思ってタンク内を覗きながら給油してたら、ほぼ満タンになったぐらいで給油が自動的に止まった。どのへんで感知してるんだろうか?
何はともあれ、満タンになってこれで安心して走行できるようになった。忘れずにフューエルタップを「ON」の位置に入れる。

さて、タンクキャップを締めて、いざキーを入れようとしたらキーが入らない!?
キーを入れるところに蓋が閉まってて入らないようになっている。押し込んでも入りそうにない。そんなわけでまたまたショップへ電話したが話中。仕方ないので知り合いのバイク乗りに聞いたところハンドルの位置がずれてないか?とのこと、ハンドル位置をずらして入れたら入ったw(ただ、これは帰宅してから気がついたけど、キー穴の蓋は押し込むのではなく、キーの先端で横に蓋をずらしてやれば入ることに気づいたw)

ようやくガソリンも入れ終わって、ヘルメットもかぶりなおして、準備が整い。ガソリンスタンドを出発。教習所のCBよりもだんぜん発進はやりやすいのだが、どうもまだ腰が引けてるような感じでおっかなびっくり発進。のんびりと目の前をガソリンスタンドの店員が通る。怖いから早く通過してください。立ちゴケしますよ(汗

いつもランエボでなら、あと信号二つを超えた位置で曲がって帰路につくのだが、車の通りが多いところよりも、道は狭くても通りが少ないところを選んで帰路についた。周りに他の車等が居なければ、ようやくリラックスできる。通りが少なくて直線の長い道を気持ち良く走行して自宅へと到着。自宅近くは団地になっているので子供なんかが飛び出してくる危険性もあり、かなり慎重にソロソロと走行。今は急に飛び出されたら、とても対応しきれずに100%コケると思うので(汗

さて、自宅の駐輪場へ駐車して、ハンドルロックして・・・キーが抜けない(汗
またまたショップへ電話w
指示どおり、ハンドルをちょっと左右に少しずらして抜いてみると抜けたw
車種によってはズレがあってこんな感じに抜けないことがあるらしい。
ま、とにもかくにも立ちゴケもせずに!(汗 無事に帰路へと着くことができたw
カバーをかけてロックも複数して、念のため防犯対策もしておいた。

このお盆休み期間中は猛練習だ。
まだまだバイクに乗せられてるような感じで人馬一体にはほど遠い感じ。
まずは普通に一般道を恐怖感を感じずに走れるようになることだなw

IMG_0716.jpg

バイクの写真を撮影する(心にw)余裕が無かったので、とりあえずヘルメット、グローブ、Zephyrχの取扱説明書等を撮影w

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:Zephyrχ | コメント(2) | トラックバック(0)2006/08/09(水)20:35

免許更新

運転免許センターへと行って来た。
13時、受付。
14時、写真撮影。
15時30分頃、免許証交付。

8時30分から行っている学科試験を受けた人達と一緒の交付なので、こんな時間となってる。
というわけで、無事、免許証には、「普通」「普自二」の二つが記載されました。
これで今日から私もバイク免許取得者だ。

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:普通二輪取得まで | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/09(水)19:17

卒業検定合格

本日、普通二輪の卒業検定者は私1人。大型二輪は2人。
1台ずつ走行、大型→普通の順番で走行、というわけで、私は3番目の走行。

大型のコースは普通と異なるので、見てると自分の順番になったとき、うっかり間違えそうな気がしたので、あえて見ないように、そして冷静になるように順番待ちの間、椅子に座って目を閉じ、瞑想状態になって待っていた。

台風が近いせいもあり風が強いので低速走行が不安だったが、全て問題無くクリア。これでダメだったたら私には当分取れそうも無いだろうと思えるくらい自分なりに完璧な走行ができた。

結果は全員合格。
卒業証書を貰うまでに13時15分頃までかかったために、免許更新に今日は間に合わないので、明日、免許更新してくる予定。
そしてバイクも取りに行ってくる。
ようやくZephyr乗りになれるぞ!

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:普通二輪取得まで | コメント(2) | トラックバック(0)2006/08/08(火)14:52

補習 (2)

いままでの失敗をまとめてみよう。

1回目は、一時停止からの発進で、発進してすぐに右に曲がらなければいけないところだったので、右にハンドルを切り込んだまま発進しようとしたが、クラッチ操作が荒くてエンスト。そしてバランスを崩して転倒。転倒は即、検定中止。

2回目は、踏み切りの一時停止するとき、1速にギアが入ってるものだと思い込んでいたが、2速で停止したため、そのまま2速で発進。停止線を越えたすぐのところでエンスト。足をついて停止。踏み切りの一時停止は超えたところで停止すると即、検定中止。

と、いうところだ。
クラッチ操作に関してはだいぶん自信もついてきたし、1速で確実に発進すれば、まずエンストはしないと思う。
停止する前に確実に1速まで左足で踏み込んでおくこと。
あいまいだったら、ランプをよく見て確認してから発進すること。
コース自体は、ミスコースは無く、無意識でコースをなぞれるぐらいになっているので、まず大丈夫だと思う。
1本橋やクランク、スラロームなんかもまず失敗は無い。
自信をもっていいはずだ。

次回は、火曜日。
こんどこそZephyrに乗れるようになるぞ!

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:普通二輪取得まで | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/06(日)12:54

orz (2)

前回は、発進時転倒にて検定中止
今回は、踏み切り内エンスト停止にて検定中止

どちらも教習中には一度もやったことのないミス・・・
卒検には魔物がいるようじゃ orz

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:普通二輪取得まで | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/05(土)20:24

補習

練習中はまったくもって大きな問題も無く走行できる。
コースも完璧に憶えた。
あとは卒検の日を待つのみ!
こんどこそは!

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:普通二輪取得まで | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/02(水)11:47

orz

orz

テーマ:バイク│ジャンル:車・バイク
二輪:普通二輪取得まで | コメント(0) | トラックバック(0)2006/08/01(火)12:40

«  | HOME |  »


カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

rin.evo

名称: rin.evo
愛車:
  ・KAWASAKI Zephyrχ(ZR400C)
  ・MAZDA DEMIO SPORT(DE5FS)
趣味:ツーリング、ドライブ、ギター
住所:徳島県

FC2カウンター

Twitter

LFSはてなリング

 

オンラインレーシングシミュレーターLFSこと"Live for Speed"の日本語Blogリング。

絵巻水滸伝